FC2ブログ

アップルティーブログ

本を中心に綴ったブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

本2017-5 

2017/02/20
Mon. 08:00



お金の教育を受けていない僕らは
どうしてもお金に関して無関心になってしまうし
お金の話をすることがよくないことだという認識がある人が多いように思える。

よって、無知識のまま、知識のある人の言いなりになり
お金を使ってしまい、あとあと後悔してしまうことが多いんじゃないかなぁって思った。

お金のことを考えよう。
お金のことを知ろう。
お金という言葉をポジティブなものにしよう。

お金がたまるコツは、毎日5分間お金のことを考えることだって書いてあったけど
その通りだと思う。お金のことを考えるのは非常に億劫だけど、考えよう。
そしたら好きになってくるかもしれないしね。

投資するときや、貯金するときはライフスタイルを考えるんだろうけど
本に書いてある通りのライフスタイルなんて送れるはずがなく
生活は不確定要素が多いから、そんな状況で将来のことを考えるのは非常にめんどくさいんだけど
まぁ考えたほうがいいよね。

考えすぎず、でも考えて、冷静に今の状況を問いに落として
ちょいちょい答えだして行動していきましょ。

あートレランしたい。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

本2017-4 

2017/02/10
Fri. 08:00

著者 : 吉田修一
毎日新聞社
発売日 : 2009-09-16


この雰囲気いいなぁ。
やっぱり青春小説はいいなぁ。
小橋建太が「一生青春」って言ってたけど
この年代の青春がいいなぁ。

いやいや、後ろ向いてばかりでもしょうがない。
過去を振り返っても、何も生まれない。
これから先の青春を考えよう。

仕事して、子育てして、ローン返して
みたいなのはやっぱりいやだ。

型にはまったほうが楽なんだろうなってのは最近思うこと。
そのほうが無難だし、どれくらいの苦労をすれば
どれくらいの成果が出るかがわかるから、ある程度未来の予想もできるしね。

でも、それでいいのかって思う。

【旅をする木】に「人は近くの対岸につこうとする」みたいなことが書かれていたけど
まさにその通りで、対岸に着こうとしている。それはそれで否定もしないし、いいんじゃないって思うけど
そこで落ち着くのもなんだかなぁってもう。ただ、冒険しすぎるのも疲れる。

時は淡々と過ぎていくわけで、僕はなんだかんだ毎日楽しんでるから
それはそれでいいのかなぁって思う。ただ、働いてローン返して子育てして
それで満足!ってにはならないなぁって思う。

じゃー何が満足かって言われたら、特にないし、
今は今で満足しているんだけど、そういう先入観があるね。

青春とは若々しいことだと思う。
くたびれていない、若々しい感じ。
その感じだけは常に持っていたい。
そう、そういうことなんですよ。

あとは気楽に生きよう。
横道君みたいにね。
苦労はあるし、めんどくさいこともたくさんあるけど。
それでも、気楽に生きよう。
イタリアのタクシードライバーみたいに早い時間から
仕事さぼって、バーでセリエAを見てもいいじゃないかって思うわけですよ、僕は。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

本2017-3 

2017/01/30
Mon. 08:00



本屋の店長の苦労話。
平和に見える本屋の裏はこうなってるんだなぁって思った。

本屋は大変だよね。本はamazonなどのインターネットで簡単に購入できるし、
電子書籍が進んでるものあるし、お客さんも、本屋で本を眺める時間を取るのも難しいし、
そんでもって、どんどん新しい本が出るから、情報収集して、売れるか売れないかを分析して
新しい本は入荷して、売れない本は返却しなくちゃいけないから

想像しただけで、大変だなぁって思う。

千葉の方に、店員さんがおきたい本だけを置いて、
来てくれたお客さんに、その本を勧めるって本屋があったけど
本屋はそういうスタイルの方がいいのかもね。

万人ウケする本だけを置いてるなら、ネットでコメント見ながら買えばいいだけだし
それよりも、何か悩みを持った人が本屋に行って、店員さんに話して
オススメの本を薦められて買って帰るみたいなステイルがいいよね。

ってきっとこんなこと、誰もが思ってるだろうし、儲かりそうだから
もっと普及してもいいんだろうけど、普及してないってことはやっぱり難しいってことなのかな?
本屋の一部分だけでもいいから、そういうスペースがあればいいのになぁって思いますわ。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

本2017-2 

2017/01/20
Fri. 08:00



大げさに語るほどのことじゃないんだけど
日々の日常に、ささやかだけど、話したくなるようなことは
以外と転がっていて、ぼくはそれを見ないで生きているんだろうなぁって思った。

日々の生活をただこなすものとするのか?
大したことがないこととするのか?
それとも、大したことないことかもしれないけど、愛おしく思うのかは自分次第なんですよ。

インターネットが発達していつでもどこでも情報が入ってくる世界にいて
すごいスピードで世界は回っているけど、世の中とおなじスピードで生きてたら
たくさんの大切な何かを見落としてしまう気がするよ。

もう少し、ゆっくりと、
遅れないように、でも急がないように
ほどほどのスピード感覚で、日々味わいながら
暮らしていきたいですね。

そんな気持ちになった本だった、気がする。
楽しい本だったな。こういうの好きだなぁ。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ベジタブルマラソン@森林公園 

2017/01/15
Sun. 06:55

名称:ベジタブルマラソン@森林公園
日程:1月14日
レース内容:フルマラソン
コースの特徴:アップダウン多すぎ
天気:曇りのち粉雪、寒い
タイム:4時間34分(ネット)
順位:130/360くらい(上位35%位)

【レース展開】
・前半はキロ6分で軽やかに走る。
・アップダウンが多く、このままじゃ持たないなぁってのが分かったけど、スピード落とすのもなんなのでこのままで走ってみた。
・18キロ過ぎで膝が痛くなる。
・ハーフの時点でリタイアも考えたけど、いけるところまで行ってみようと。
・ハールの通過タイムは2時間5分くらい。
・25キロくらいで足が死に、キロ7分で走るのがやっとになってしまった。
・あとは、歌を歌ったり、いろいろ考えたりしながら、つらい期間をやり過ごした。
・25キロから先は何もない。ただ、ただ、前に進むだけ。

【感想】
・想像以上のアップダウン。てかほとんどアップダウン。森林公園恐るべし。
・そのアップダウンに対応できなかった。なさけない。
・でも、あのコースを走り切れる人はなかなかいないと思うと、しょうがないのかなぁとも思う。
・とはいえ、あのコースを走り切りたい!って気持ちが一晩経ってメラメラわいてきた。
・というわけで、今年鍛えて来年も出たいけど、参加費6000円払って出るほどの大会ではないと思う。
・タイムはポンコツだったけど、順位は思ったほど悪くなった。
・前半は2時間5分くらい。後半失速→予想通り。
・後半失速を見込んでフリースを着て走って正解だった。とにかく寒かった。
・おしっこ2回。これはしょうがないのかな。
・とにかくつらかった。でも今となってはいい思い出。これだからやめられない。
・18キロ過ぎに膝が痛くなったけど、なんとか42キロ走りきれた。よかった。

【これから】
・通勤ランの実施。
・坂道練習を取り入れる。

こぶしまでは、距離を踏みつつ、坂道練習で瞬発力を上げる。
それで、臨もう。あー楽しみだ。楽しみだなぁ。頑張ろう。頑張ろう。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。