FC2ブログ

アップルティーブログ

本を中心に綴ったブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

富士山に行ってきました。

5合目から登るのではなく、0合目→頂上→0合目の日帰り弾丸登山。
標準コースタイム20時間超え。標高差3000m。歩行距離40キロ。
これこれ。こういうのやりたかったんだ。最近の俺は。って奮い立ったのがキッカケ。

そもそもの始まりは、去年の11月。
豊富メンバーと石老山に行った時に、小林くんと
「0合目から富士山登ってみたいねー」って軽いノリで話をしたこと。

春になって、小林くんとそんな話をしたなぁなんて
頭が空っぽのとき、たまに思い出したり
でも、ちょっとやることが出てくると忘れたりしていた6月くらいかな

「俺はやる気満々だぜ」

みたいなメールをもらって
あーそれはワクワクするなぁって思ったので
毛嫌いしていた富士山に行ってきました。

楽しい旅でした。
楽しすぎて、こういう小トリップ的な旅が大好きだなぁって
改めて思いました。

7/14月(木)

今回はスピード登山になるから、祝日の混雑に巻き込まれて
達成出来なくなるなることが嫌だったので
金曜日に会社を休んで富士登山を実行することになった。

ということで、木曜日の夜、富士山駅へ東京駅からのバスで移動。
東京駅から約2時間で到着。バス代1800円くらい。安いね〜。
駅で小林くんと合流し、ちょっと迷ってようやくホテルを発見し
(お互いガラケーなのでその場での地図とかない)
お世辞にも近くとは言えないファミマに買い出しに出かけ

21時以降は女性専用の大浴場に入れてもらい
(21時以降女性専用って書いてある入り口の看板そのままだったから女性が入ってきてもおかしくない)
就寝。ホテルのクオリティーは・・・・だった。

7/15月(金)

4時30分くらいホテルを出発
5時浅間神社から登山スタート。
浅間神社はすごく立派だった。

IMGP0069_20160716170511f43.jpg

馬返までは緩い上り坂をひたすら歩く。
アスファルトと遊歩道があったので遊歩道を選択。
途中で遊歩道を見失ったからアスファルトを歩いたんだけどね。

IMGP0072_20160716170512491.jpg

馬返から本格的な登山道に。

本日のコースタイムは20時間以上なので、夕方までに下山するためには
最悪でもコースタイムの7割程度で歩かないといけなかったので
コースタイムの7割程度で歩いて行くことに。

この辺りで土砂降りの雨が降ってきた。
最初は「始まりはいつも雨〜」なんてASKAの曲を口ずさんでたけど
徐々に口ずさんでられないレベルになってきた。
が、雨になんか負けるかよってことで、雨は無視して進むことに。

IMGP0073.jpg

IMGP0074_20160716170515aff.jpg

その後、小林くん体調不良でスピードが上がらない。
このままのペースでは0to0の達成ができないかもしれない・・
ということで、ここで一旦別れて、お互いのペースで頂上を目指すことに。

6合目付近から本格的な富士登山っぽい雰囲気になってきた。
入り口で馬に乗っている外人がいた。あとでガイドブックをしたら
入り口付近で、馬のレンタルをしているみたい。すげーななんでもありだな。

IMGP0076_201607161705163d0.jpg

6合目付近から雨も上がり。
本格的な富士登山開始。吉田口登山道っていうのかな?
登る登る。ひたすら登る。

IMGP0078.jpg

7合目まではジグザグと。砕石みたいな道を登る。
→歩きずらくて結構大変。

7合目から8合目までは、軽い岩場みたいな道を登る。
→足元安定しないから結構大変。

8合目以降は岩場が減って再び砕石みたいな道をゆっくりと高度を上げていく。
→酸素が薄くなってきて大変

富士山侮れないよ。結構大変。
とくに、7合目〜8合目までの岩場は大変だと思う。
素人が登るコースではないなぁって思った。ほんと。

IMGP0083_2016071617045189e.jpg

あと、ストック代わりの2,500円の木が売れまくっていた。
このコース歩いてたら2,500円払ってでもストック欲しくなるよなぁって思う。
こりゃ商売繁盛だろうなぁって思った。

8合目付近で久保純にの女性を見た。
あっ可愛いって思って、あっそういうえば俺って隠れ久保純ファン(久保純風の顔が好き)
だったなぁってことを思い出した。

あえて隣に座らず、ちょっと遠くでザック下ろし、ストレッチしている風な動きで
顔を見まくる。ストレッチなんてしてない。ただ顔を見ているだけ。あー可愛い可愛いって思ってた。

そんなこんなで、英気を養ったり、自衛隊の集団に行くてを阻まれながらも
佐藤小屋から2時間強で頂上到着。やったね。
この時点で11時なので、問題なく下山できそうなペース。

とてもとても迷惑な自衛隊さん。
20人パーティーとかやめて、5人前後のパーティーで歩いてくれ

IMGP0086.jpg

久保純似の女性の写真は・・・・当然ない。
ということで頂上の神社

IMGP0089_2016071617045330b.jpg

頂上でプチ休憩して、お鉢巡りへ。
お鉢巡りとかめんどくさいなぁって思ったけど、
行ったら行ったで素晴らしいもので
予想通り、やっぱりお鉢巡りしてよかったなぁって思った。

IMGP0092.jpg

IMGP0096.jpg

IMGP0097.jpg

お鉢は緩やかな道だったので小走りで回ることに。
3,700mのトレラン。最高に気持ちよかったよ。

剣ヶ峰到着。久々の100名山だ。

IMGP0100.jpg

剣ヶ峰の手前の坂で脚がつりそうになったので
慌ててマグネシウムなどを補給。

お鉢を一周して。
吉田口の頂上で小林くんと合流。
体調の悪い中よく頂上まで登ってきたもんだ。
さすが探検部。粘り強いですね。

彼はそのままお鉢巡りへ
僕は下山。

急勾配の坂を一気に駆け下りてしまったため
着地筋(着地するときに使う筋肉だからそう呼んでいる)
を使いすぎてあとで痛い目に会うことに。

佐藤小屋までは順調にランとウォークが半分半分くらい
佐藤小屋から馬返まではわりと急だった。

着地筋の疲労と爪が痛くなってしまったので
この状態で走るとかかと着地になってしまい
また膝を痛めるなぁって思ったのでのんびりと

馬返しから、浅間神社までの8キロはラン。7分30秒/キロ程度のスピードで。
まぁ30キロ以上歩いたあとに走れるなと。
おれ、強くなってきたなと。慢心にならない程度に自分自身を褒めながら。

16時、無事下山。
下山後近くのココスで着替えたり、帰りのバスの予約などをしながら小林くんを待ち
(ドリンクバーの100%オレンジジュースが故障中で飲めなかったのが残念でしょうがなかった)
小林くんと合流後、駅前のうどん屋で、うどんとビールで軽い打ち上げ。

ボリュームたっぷりのグツグツカレーうどん。

IMGP0106_20160716170335a4c.jpg

うどん屋のおかみさんが大船渡で一緒に働いた及川さんに似てた。
浅間神社から登ったことを伝えたら、それこそが真の姿よ!と褒めてくれたり。
娘の華やかな東京LIFEの話をしたり、バスが来るまで閉店後もゆっくりさせていただいたんだけど
おばちゃんの話が長くて、バスに乗り遅れそうになった。

富士吉田駅→東京駅までのバスに乗って帰宅。
本当に楽しい旅でしたとさ。

ログが載せれる時計を買ったので、ログを載せておこう。
電池きれそうだったので、後半は細切れでログを取った。









スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akaikaerunoko.blog27.fc2.com/tb.php/1166-5f71aa3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。