FC2ブログ

アップルティーブログ

本を中心に綴ったブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

高島トレイル 総括 

2016/05/12
Thu. 08:00

敗退した高島トレイルを振り返ってみよう。

まず、コヘルを落とした件について

・ザックが開き、荷物を落とすという行為は僕の凡ミスだ。
・その原因はザックがパンパンだったこと。
・ザックがパンパンだったのは①ザックが小さかったこと②荷物が多かったことが原因である。
・①については大きいザックを買う必要があるのか?という問いにつながるが、僕はないと思う。
・②荷物を減らせるか?と言われると減らせるけど、リスクが高くなる分、あまり減らしたくない。
・何を減らせるかを考えてみる。
①マットは外付けが基本→高島トレイルの場合は倒木が多いので、ザック内にしまっておいて正解だった。
②テント→ツェルトもしくはもっとライトなテントにしてもいいと思う。
③衣服→最低気温5度前後ではあれが限界
④食料→食料は減らせない。減らせるとしたらガスをアルコールにするくらいかな。
    コヘルの中にガスセット突っ込んでたので、軽くはなるけど、小さくはならない
⑤その他→テーブルはなくてもいい。エマージェンシーとトイレと浄水とテントセットは減らせない。
・結論、荷物を減らすなら、マットは外付けとテントを小さくするの2択となる。
・マットは外付けが基本なのでOK。テントは小さいのを買う予定だったんだけど、売り切れてしまったので
 次は小さいテントを使用しよう。

体力の問題。コヘルを落としたから断念したと言い張っているが
正直コヘルを落としていなくても歩き通せたかと言われると半々くらいだと思う。

2日弱で半分歩いたので、残り3日で1日8時間程度歩けばゴールに着くわけだから
距離的な要素としては、そんなに辛くはないと思うんだけど
体力の面→汗のかきすぎで、脱水(塩分がなくなっていた)気味だったこと
登山道の面→道が難解であるため、頭を使いながら歩かなくてはいけないこと

が、あったからどうなっていたかわからない。

前者については、序盤から飛ばしすぎたこと。
満足に水が補給できないコースであるため節水してしまったこと。
なのに、行動食は喉が乾くものばかり持って行ってしまったこと。
それと、使用しているザックは荷物の重量がMAXで11〜12kg程度を目安に作られているため
腰にハーネスがない。腰のハーネスなしで12kg以上の重量は肩がしんどいなって思った。
今のザックを使用する限りは10kg程度に抑えなくてはいけないなと思った。

帰宅してから喉が渇いて、塩分が欲しくてしょうがなかったので
これからは梅干しを持っていくことにしよう。特に夏場はね。
汗かいて、塩分が体から抜けるとアトピーも悪くなる。

重量については、どうにか軽くしよう。

ペースは山と高原の9割程度を目安に。
実際6〜7割程度で歩いていたので疲れてしまった。

登山道が難しい件についてはどうしようもない。
難しすぎると疲れるし、簡単すぎると飽きる。
バランスの良さを重視したコースを選びたいもんですね。

達成感ややりきった感よりも
楽しく歩けた、気持ちよく歩けた。という方が僕にとっては大切みたいだ。
あと、稜線よりも森の中を歩く方が好き。高島トレイルはいい森だった。
これからは、そういう道をチョイスするようにしよう。
ただ、山で寝るのは気持ちいいなぁ。

これから、なかなか行きづらくなるけど
タイミングが合えばどんどん山で寝るハイクを続けたいですね。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akaikaerunoko.blog27.fc2.com/tb.php/1150-27193b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。