FC2ブログ

アップルティーブログ

本を中心に綴ったブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

本2016-19 

2016/05/25
Wed. 08:00



引き続きの父親になるための本

・子供が求めているものを把握する
・子供の要求に応える
・特徴や個性を見極める
・これらを尊重する
・育てるものに心理的な余裕と程よい距離感が必要
・育ちを見守り、日常の世話をする
・それでいいんだと暖かく需要する
・子供の気持ちを察して、受容し、親密に会話し、共行動する
→不安の低減と自尊感情や自己有能感を高める
→受容的な態度が大切
・積極的に育児に関わっている父親の方が、仕事一筋の父親よりも強い生き甲斐を持ち
 自尊感情やストレス対処能力が高い→共感性の発達と大人としての成熟

この本に書いてあったことはこんなとこですな。
この内容は、ちょっと未来の話ですね。
まずは無事に大きくなることを願うばかりです。



女性の気持ちすらわからないのに
産後のママの気持ちがわかるわけがない
家族円満に過ごすために買って読みました。

1つ前のブログとほぼ内容は被るけど、こんなことに気をつけていこうと思う。

・「共感」「受容」「自己重要感」
・話を聞く。ともに育てる。気持ちを察する。
・自分でできることはやる。
・自由な時間、息抜きできる時間(寝られる)を設けられるよう手助けをする。
・外出はほどほどにする
・イライラ、当たられても我慢する。
・家事はしなくていい、できる限り怠けていい、そのことを許容する。

こんなところかな。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akaikaerunoko.blog27.fc2.com/tb.php/1144-bd034718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。