アップルティーブログ

本を中心に綴ったブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

日光男体山と白根山part2【10/11~12】 

2014/10/29
Wed. 20:00

日光2日目は白根山に登った。

山のテント場はたいてい頂上付近にあるので
小一時間も登れば頂上に着ける。

しかし、今回はキャンプ場泊で、キャンプ場が白根山のふもとなので
また一から登らないといけない。これが意外とめんどくさかった。

明け方なかなか寝袋から寝れない僕は
白根山から逃げることばかりを考えていた。

日光紅葉散歩→温泉→お土産購入→帰宅

こんな流れもいいかなって

それでも、起きてご飯を食べると登山への
熱量が出てくるもの、やっぱり登山しようと思えてきた。

なんで、白根山の水を汲んで7時ごろ出発した。

CIMG0695.jpg

2日目のコース

【湯元温泉】→【前白根山】→【白根山】→【五色沼】→【五色山】→【湯元温泉】

スキー場を30分くらい歩くと登山道。
最初の1時間はこれでもかというくらいの急勾配だった。

昨日の男体山では岩があったから
岩を掴みながら手の力を借りて登れたけど、今回は掴める岩がない。

ほどほど頑張りながらじっくりと這い上がっていった。

CIMG0698.jpg

前白根山への分岐からは勾配が緩くなり
楽しい山歩きが始まった。秋の散策は最高だと思う。

CIMG0700.jpg

CIMG0701.jpg

CIMG0705.jpg

稜線を歩く時間は短かったけど、前白根から避難小屋へ下るまでの道は気持ちのいい稜線だった。
気持ちよすぎて、下らなくちゃいけないところを下らずに稜線を進み迷子になりかけた。

CIMG0713.jpg

CIMG0712.jpg

CIMG0711.jpg

標高が高いところから見る朝の景色は格別だ。

CIMG0710.jpg

CIMG0714.jpg

避難小屋までは下り
そして白根山への登り。
この登りもきつかったな。

CIMG0717.jpg

頂上はすごく混んでいた。

僕が登ったコースはあまり人がいなかったけど
メインの駐車場があり登りやすいコースから登ってくる人がたくさんいた。

だから、頂上は巻いて進むことにした。

CIMG0718.jpg

下りも結構怖い。

観光地なので軽い気持ちで
登山に来ている人は大変だったと思う。

CIMG0720.jpg

下ると沼があった。
北海道でも思ったけど僕は沼が好きだ。

理由は分からないけど、いい感じである。
理由は分からないけどいい感じとかわくわくを感じるとか
そういう直感を大切にしていきたいなって最近思う。

沼のふもとでテントを張りたいなぁって思った。

CIMG0721.jpg

CIMG0723.jpg

このまま五色山に向かってもよかったけど20分ばかり遠回りして五色沼に向かった。
途中の景色は外国っぽかった。(沼のある景色を見ると外国を連想してしまう)

CIMG0724.jpg

沼へ下る道もまたすてき。
こういう道がすき。

CIMG0725.jpg

五色沼。暑かったけどのんびりした。
ほんと湖畔でキャンプがしたい。

CIMG0726.jpg

五色沼まで下った分
五色山までは下った分登らなくてはならなかった。

結構辛かったけど最後の登りだと思って頑張った。

こんだけきついのは寒暖差が影響していると思った。
昼間の気温は20℃近くあったと思う。

あと、水をあまり持ってこなかったのが失敗だった。

CIMG0729.jpg

五色沼から90分の下りはきつかった。
急勾配のくだりが終わった時はホントにほっとした。

CIMG0731.jpg

白根山はなかなか大変な山だと思った。

下山後は湯元温泉に浸かった。

すごく狭い温泉だった。
あまり日帰りには力を入れてないのかな。

硫黄のにおいが強くて、その日はずっと硫黄臭かった。

刺激が強そうな温泉だから、皮膚の状態が悪かったら入れないか、
もし、入ったとしてもどこか痛いんだろうなって思った。

そう考えると、今は幸せだなぁって思った。
下山後にお風呂に入れるなんて嬉しいことだね。

コーラとスナックを食べた。

自分へのお土産にはだいたい梅干を買う。

CIMG0735.jpg

2時間近く遅れているバスに乗り
これまた1時間以上遅れて東武日光に着き
鈍行の最終電車が終わっていたので、臨時特急のチケットを買い帰宅した。

昨日食べた千住ドッグが美味しかったから
再び北千住で千住ドッグを食べた、それとコーラを飲んだ。
こんだけコーラを欲しているのは疲れていたからだと思う。

ザックの中では北千住で急遽購入した
千住ドッグ×2
千住カレーパン×1
とほぼ同じカロリー数の食料が余っていた
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。