FC2ブログ

アップルティーブログ

本を中心に綴ったブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ウランバーナの森【奥田英朗】 

2014/05/30
Fri. 08:00



本の内容

その夏、世紀のポップスター・ジョンは軽井沢で過ごした。

家族との素敵な避暑が、ひどい便秘でぶち壊し。
あまりの苦しさに病院通いをはじめたジョンの元へ
過去からの亡霊が次々と訪れ始めた……。

大ベストセラー小説『最悪』の著者が贈る
ウイットとユーモア、そして温かい思いに溢れた喪失と再生の物語。

__________________________________

ジョンレノンが好き人なら
この小説をより楽しめると思う。

僕はジョンのことを知らないのであまり楽しめなかったし

単調な物語だったことと、2/3が経過した時点で
物語のオチが読めてしまって、最後の方は飽きてしまったなぁ。

奥田さんの小説には結構当たりハズレがあると思ってるんだけど
この小説はハズレだな。



ボクは中学生のころからビートルズが好きでさ

【Let it be】の前奏を聞いた瞬間にしびれて
中学生の頃はビートルズばっかり聞いてたよ。

あとはサザンとミスチルだね。

25歳くらいまでは、ビートルズ前期の曲ばかり聞いてたけど
牧場でバイトしてた辺りからは、よく聞くのは後期の曲にシフトしてったな

ゴールデンスランバー~ザ・エンド【だっけかな】の流れはカッコいいなぁって思います。
でもやっぱり【Let it be】だな。あと10年くらいしたら、カッコ良く【Let it be】を唄える大人になりたいすね。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。