アップルティーブログ

本を中心に綴ったブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

本2017-8 

2017/03/11
Sat. 08:00



スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

本2017-7 

2017/03/10
Fri. 08:00





共働きにだから
共働きの知恵を拝借してみた

お金こと
家事のこと
子供のこと
両親との付き合いとのこと
仕事のこと
お互いの趣味などのこと

これらのことが書いてあったんだけど、夫婦になるとさ
他人同士が、これらを共有しなくちゃいけないんだもんね。
しかも、お互い仕事しながらだよ、共働き夫婦はまぁ難しいよ。めんどくさいよ。
結婚したくない人が増えるのも、離婚が多いのもわかるよ。

この手の本を読むと1人のほうが楽だもんって思っちゃう。
僕くらいの年代になると、各々がそれぞれのライフスタイルを持っているから、
その状態で、あなたにパートナーは必要なの?って疑問がわくのもわかるよ。

仕事してさ、出会いの場ではお互いの価値観をすり合わせて
この人となら暮らせるかなぁなんて考えたりして

まぁめんどくさいですよ。
とりあえず付き合ってみて、それからもお互いのことをすり合わせてさ。
そんなんじゃ、将来のこととか考えずに、セックスしまくるってのはないんだろうなぁって思う。
しまいには、セックスしたら相性がどーのこのって、そこも査定の対象に入ってきたらたまらないなぁ(笑)

と、そんなことばかり思いました。

でも、僕は結婚してよかったと思っているし、
子供もかわいいし、孫ができて両親の笑顔も増えたし
自分の時間ももらえているから、幸せだなぁって思っています。

お金のことの会話を増やそう。お金の話は
ネガティブじゃなくて、明るい未来に向けた会話にしよう。

奥さんのいいところを見よう。ほめよう。
僕はたくさん助けられているんだ。

他人の家庭と比べず、でもいいところや考え方は参考にしながら
僕らの文化を築こう。

そのためには、心にゆとりを持つことが大切。
仕事で擦り減って帰ると、そこが持てなくなるから、
多少のゆとりを持って帰ろう。

そんなことを思いました。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

第9回豊富温泉ワンダーフォーゲル部 蕨山 

2017/02/28
Tue. 08:00

花粉症発症直前の第9回活動は奥武蔵のしぶい山、蕨山へ。
奥武蔵は伊豆ガ岳を除いて、だいぶ制覇したかな。
最後は両神山だね。二子山にはいかないよ!

7時30分に飯能駅に集合してほっしーの車でさわらびの湯へ。
7人乗りのバンです。ありがたいです。ほっしーとご両親に感謝です。
駐車場に車を止めて、バスに乗って名郷へ。

名郷で下車して、簡単なストレッチをして登山開始。
登山道に向かう道をしょっぱなかから間違えそうになった記憶がありますね。

林道歩きを終えて、登山開始。
蕨山は静かでいいですね。
小一時間歩くと稜線へ。

稜線は気持ちいいんだけど、この日は風が強かった。
冬の稜線だからしょうがないんだけどね。

KIMG0201.jpg

あと、結構な急坂の連続。雪もついて登りづらい。
思った以上に大変。あれーこんな大変だったっけって思いながら登ってた。

KIMG0202.jpg

とはいえ、雑談したり、体温調整のために洋服を着たり脱いだり
滑ったり、若干危険なところは集中しながら登ってたら、頂上に到着。

KIMG0204.jpg

頂上でちょっとまったりして、昼食はもう少し先でとることに。
頂上直下の下りが結構危険だった。今覚えば、付けてもよかったかな。

KIMG0211.jpg

日当りのいい広場で昼食。
チキンラーメンに溶き卵を入れて、ぶわってするつもりが
うまくいかなかったなあ~。山料理は難しいなと再認識。

のんびり昼食を食べて、一気に下山。
雪がなくなって歩きやすかったけど、意外と長いね。

KIMG0215.jpg

あと、花粉症の症状がね・・・・
しばらく、山とはおさらばですね。
山に行けなくなると山が恋しくて仕方ない。
3時間くらいサクッと行くか。。。
うーむ、でもそのあとのしんどさを考えるとなぁ悩む。

無事に下山し、ほっしーの携帯も無事に見つかり
飯能のココスでお茶して帰宅。やっぱり山はいいなぁ。

今回も詳しくはこちら

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

本2017-6 

2017/02/28
Tue. 08:00



うれしいことも、楽しいことも、辛いことも、悲しいことも
人生はいろいろあるんだけど、どんな状況でも、ご飯はおいしいし
お風呂に入れば気持ちいい。

時間は人それぞれ過ぎていくし
人生なんてあっという間に終わる。
自分自身が世の中を動かせるわけなんてなく
なんとなく巡り合った人と、なんとなくめぐりついた場所で
なんとなく、ただ生きていくんだろうなぁ。

そのなかで、できるだけ、自分がしたいように。
でも、人にも喜んでほしいから、人のことを考えながら
想定外のことにおろおろしながらも、まぁしょうがないかと腹をくくりながら
ただ生きていくんだろうなぁ。

この本を読んでて、そんなことを思いました。
いい小説だったな。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

第8回豊富温泉ワンダーフォーゲル部 塔ノ岳  

2017/02/20
Mon. 12:00

2017年は塔ノ岳から。
宝登山はヌルかったので、今回はキツめで。
たまには修行でもしましょうということで。

8時過ぎに渋沢に集合して
ホッシーの車で大倉BSへ移動。
ありがたいですねー。

ちゃちゃちゃと準備して出発。
登山道まで20分くらい歩いて、そのあとはひたすら登り。

KIMG0074.jpg

道中、山小屋をちょいちょい挟みながら
富士山や街の景色を拝みながら
頂上まで1000m以上一気に登る。

KIMG0078.jpg

KIMG0086.jpg

KIMG0088.jpg

ここまでくればあと一踏ん張り。
想像以上の暑さだったので、急遽ビールを購入。

KIMG0101.jpg

頂上付近は多少の残雪。
アイゼンを付けるほどではなかったけどねー

頂上直下では噂の猫。
いい場所で陣取ってるなぁ。
まぁこちらが部外者だから、偉そうなこと言えないんだけどね。

KIMG0091.jpg

階段地獄を乗り越えて、無事頂上へ。
ご苦労様でした。

KIMG0092.jpg

KIMG0094.jpg

景色のいい場所で昼食。
景色のいい場所に陣取っても、ご飯に夢中になってしまい
景色は見ないといういつものパターン。

昼食後、記念撮影などを済まし、一気に下山。
今回はピストンなので、同じ道をたどる。
距離でいうと今まで一番長かったかな。

膝の痛みなどを乗り越えて無事下山。
クリステルがお出迎え。

KIMG0102.jpg

今までで一番大変な道だったけど
無事やり切れてよかったですね。
これで、胸をはって「ワンダーフォーゲル部」って名乗れますね(笑)

僕の個人的な都合で駐車場でのんびりせず、駅に向かう。
そんなこんなで、2017年、1回めの登山は終了。
無事下山できるのが何よりですよ。
そー思います。

詳しいことはこっちのほうに書いてあるよ!
詳しくはこちら

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。